カオス討滅戦

イベント

2019/11/20のアップデートでソロ専用の高難易度ダンジョン「カオス討滅戦」が実装されました。

ボスからドロップする素材を集めることで冥黒シリーズという強力な防具を手に入れることができるので、挑むことが可能な人たちは続々と周回して素材を集めて完成させているようです。

位置づけとしては、インテグラルシリーズの防具版といったところです。

序道「冥黒狗王」奥地「冥黒海馬」

2019年11月時点では大半の人が冥黒海馬(カオスヒッポ)を周回しています。

理由は単純で冥黒狗王(カオスコボルト)よりもボーナスが高いからです。

冥黒狗王の鎧:Defense 816 HP 12210
冥黒狗王の具足:Defense 670 HP 8547

冥黒海馬の鎧:Defense 866 HP 12810
冥黒海馬の具足:Defense710 HP 8967

素材を集めるのが大変ですが、周回している人が多い理由として「終わりが見えているから」という部分が大きいと思います。

冥晶のドロップ率は低いですが、インテグラルシリーズの武装石とは異なり、冥晶の欠片を用いて生産することが可能です。

いまチャレンジするべきか?

素材を生産することが可能とは言え、それでも大半の人は1周に数分~10分以上必要としています。

以後、永続的に「カオス討滅戦」は開催され、ダンジョンは2週間ごとに出現するボスが変化し、6週間で一巡していくことがわかっているため、現在周回に時間がかかってしまう人はもう少しキャラを強化してから再度チャレンジする方がよいと思います。

今後登場予定の、冥黒虚像(カオスコロッサス)や冥黒喰獣(カオスマンティ)でいまよりボーナスがよい防具が登場する可能性もあるため、他にもやることがある人はレベリング熟練度の強化など優先しましょう。

2020年2月5日のメンテンナンスで「冥黒狗王」、「冥黒雷牛」、「冥黒霊樹」の攻撃力とHPが緩和されました。

冥黒シリーズは装備すると周回が楽になるので、今までチャレンジして時間がかかるため諦めていた人はもう一度、どの程度時間がかかるか確認して冥黒シリーズ生産を検討してみてもよいかもしれません。

周回でよく使用されているスキルレコード

安定して短時間で周回するためにカオス討滅戦では以下の2つのスキルレコードを使用している人が多いです。

【新緑での水遊び】コハル(アビリティ)
【幸福への願い】リーファ(アビリティ)

いずれもスイッチを使用し命中時、クリティカル発生率(あるいは攻撃力)が40秒間上昇するスタック性のバフが付与されます。

そのため、スタックが溜まり切った状態で再チャレンジすることで次の周回(2週目以降)ではスタートから高火力な状態でチャレンジすることが可能となっています。

持っているのに装備したことのない人はこの機会に使用してみてもよいかもしれません。

※ロードに時間がかかる人は2週目以降にスタックバフをつなげることができない場合があります。

その他上位プレイヤーでは「【トップスピーダー】リーファ」を軸とした高速周回をしている方々が多いです。

詳しくは「最近は通常攻撃が流行り(隼斬り?) 」を読んでいただければと思います。

私も初期バーストリーファのスキル欲しい。。。

最深部「冥黒巨人」 20200326

2020/3/26に最深部「冥黒巨人」が追加されました。

ボーナスも含めるとDefenseとHPは通常フィールドで作成する防具とは一線を画すようになってきています。

冥黒巨人の鎧:Defense 917 HP 14010
冥黒巨人の具足:Defense 752 HP 9807

相変わらず上位プレイヤーの方々は「【トップスピーダー】リーファ」を軸として短剣か細剣で1周30秒前後の高速周回を実現しているようです。。。

その他よく見かけるのは「【朱雀】アスナ」で、私はこちらを使用しました。

装備可能レベル110ということもあり、生産までの道のりは長かったですね。装備可能レベル95の防具上下を装備していたのですが、最大で40000overのダメージを受けました。

防御バフや攻撃デバフを採用することで被ダメを10000以下に抑えることも可能でしたが、周回に時間がかかったので私は避けながら周回する方を選択しました。

今後の「冥黒凍魔」、「冥黒精霊」も高難易度ボスになると思います。久しぶりに周回が大変なボスなので、余裕のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました